エッセイ募集「私の思い出。あの日あの味」

選考委員紹介

  • HOME »
  • 選考委員紹介

第2回「私の思い出。あの日あの味」の作品選考を担当する4人の委員を紹介します。

太田先生引き 太田治子

おおた・はるこ 1947年神奈川県生まれ。父は太宰治、母は太田静子。明治学院大学文学部卒業。86年『心映えの記』で坪田譲治文学賞受賞。著書に『母の万年筆』『万里子の色鉛筆』『石の花 林芙美子の真実』『明るい方へ』『時こそ今は』『夢さめみれば 日本近代洋画の父・浅井忠』『星はらはらと 二葉亭四迷の明治』など。

【太田先生からのみなさんへのメッセージは、こちらから

島村先生引き2島村菜津

しまむら・なつ 1963年長崎県生まれ、福岡県育ち。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業後、イタリア各地に滞在しながら雑誌に寄稿。98年『エクソシストとの対話』で21世紀国際ノンフィクション大賞(現・小学館ノンフィクション大賞)優秀賞受賞。著書に『スローフードな人生!』『生きる場所のつくりかた 新得・共働学舎の挑戦』、共著に『ジョージアのクヴェヴリワインと食文化』など。

水島久光

みずしま・ひさみつ 1961年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、広告会社、インターネット情報サービス会社勤務を経て、2003年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。同年東海大学文学部広報メディア学科に着任。著書に『閉じつつ開かれる世界 メディア研究の方法序説』『メディア分光器 ポスト・テレビからメディアの生態系へ』など。東海大学文学部広報メディア学科教授。

三輪先生引き三輪太郎

みわ・たろう 1962年愛知県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社などに勤務のかたわら、評論、小説を書き始める。90年「『豊饒の海』あるいは夢の折り返し点」で第33回群像新人文学賞「評論部門」受賞。2006年、『あなたの正しさと、ぼくのセツナさ』で第1回日経小説大賞佳作受賞(受賞時のタイトルは『ポル・ポトの掌』)。著書に『憂国者たち』など。東海大学文学部文芸創作学科准教授。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3227-3700 東海教育研究所「あの日あの味」事務局(担当:寺田)

募集の概略

規定 作品は1800字以内
賞  最優秀賞1編(10万円)
   優秀賞3編(3万円)
   佳作10編(5千円)
締切 2018年1月31日(消印)
発表 『望星』2018年7月号誌上
選考委員 太田治子(委員長)
     島村菜津
     水島久光
     三輪太郎
主催 株式会社 東海教育研究所
後援 株式会社 紀伊國屋書店
   株式会社 新宿高野
   株式会社 中村屋

PAGETOP
Copyright © 東海教育研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.